• HOME
  • ブログ
  • ゲーム
  • 「黒い砂漠」ポッチャリ爆乳魔法少女のカルフェオンでビール生産始めました!編

「黒い砂漠」ポッチャリ爆乳魔法少女のカルフェオンでビール生産始めました!編

いつのまにやらレベルも53に上がっているエロ爺一門筆頭、爆乳魔法少女のポテコロ嬢。クエストの促成栽培で育ってきた、いわゆるゆとり世代。おかげで完全に行き詰まり、もはやクエストを進めていけない状態。自宅で暇を持て余しているのであります。

ビール1

昨日、クエを進めて新しい街へとたどり着いたわけですが、装備が貧弱すぎてまともな狩りにならず。ボコボコにボコられ、シッポを撒いて撤退してきた我らが筆頭殿。やはりここは正攻法でお金を稼いでちゃんと装備を整えていくべきだろうという事で、本格的な生産による金策活動を始める事に。

で、何の基盤もプレイヤーの知識もないままに、安定かつ簡単にできる生産は何だろうとググってみたところ、どうやらビールづくりが良いらしい。

まずは拠点を接続せよ

ビール2

ビールづくりに必要なのはまず穀物、他の材料はNPCによる店売りで調達できるので、とにかく穀物を集めなければならない。なので穀物が収穫できる農場へ労働者を派遣する必要があって、そのためには拠点接続というのをしなきゃいけないんですね。

幸いなことに本拠地にしているカルフェオンの近くには、北部農場とい場所があり、間に一つ挟むだけで簡単に拠点接続ができるのだ。

ビール3

拠点投資のやり方も最初は少しわかりずらいんだけど、拠点管理キャラに話しかけてマップの左上に表示された黒い四角のところから、拠点投資のボタンを押す。

もし投資ボタンが表示されず、接続周辺拠点というボタンが表示されていたら、それは手前の拠点が接続されていませんよという合図。なので、今回ならカルフェオンからになるんだけど、ちゃんと目的地まで順番に接続してるか確認しなきゃいけない。

最初は投資のボタンが表示されなくて、ググってもどこにも載ってないし、マジで途方に暮れかけたんだけれども適当にやったらできたw

結果オーライ。

ビール5

カルフェオンからだとカルフェオン→ディアス農場→北部小麦農場と順番に繋いでいく。

北部小麦農場をクリックすると、3カ所の栽培施設があり、その内二つが穀物。大麦と小麦になっている。

この二つもそれぞれ投資して接続、丸いわっかとマークがオレンジになれば接続完了。あとは労働者を送り込めば収穫してくれる。

宿舎を用意して労働者を雇え

ビール7

ということで労働者を雇いに派遣屋のオッサンに会いに行こうかと思ったら、どうやらデフォルトでは労働者を一人しか雇えないらしい。それ以上雇う場合には、宿舎を用意しなければならないと判明。

作業場所が2ヵ所なので、労働者は二人。そのためマップカルフェオンをクリックし、宿泊所として使える家を借りる事にした。

ビール8

労働者の為の宿舎を用意し終えて、派遣業のオッサンを訪問。

まずは労働者取引所から適当に優秀そうなのを雇い、目ぼしいのが一人しかいなかったので行動力5を消費してド素人を雇い入れた。

あ、労働者取引所から買うときは、どこに住んでるか確認しておかないと大変なことになるので注意。

今回はカルフェオンから通わせるので、ちゃんとカルフェオンの労働者を購入した。

うちはブラックだからねぇ、頑張って働いてくれたまえ!

ビール10

労働者を雇い入れ、北部農場の小麦栽培施設をクリックするとこのようなウィンドウが開く。

ここで働かせる労働者を選び、作業開始を押せば無休で働き続けるのだ。

ビール11

労働者管理画面を開いてみると、バッチリ働いてくれていた。

労働者にも行動力があって、これが無くなると作業を辞めてしまう。回復アイテムはビール、自分が栽培した麦でビールが作られ、ビールがある限り休むことも許されない。

なんとも因果な……ウチはブラックですからw

料理道具と材料を揃えてビール造り

ビール12

あ、あと、ビールの生産には自宅に料理道具を設置する必要がある。まだ家を借りていない人はサッサと借りて、料理商人から料理道具を買っておこう。

この料理道具、キッチンのような見た目なのだが簡単に壊れる。ビールを作る際には、予備を用意しておくといいかもしれない。

あとは労働者が穀物を採ってきてくれるのを待つだけ。

穀物以外の材料に関しては、料理商人から購入すればいい。それでも十分な利益が出るのだ。

ちなみにレシピは

  • 小麦or大麦:5
  • 発酵剤:2
  • 砂糖:1
  • 料理用ミネラルウォーター:6

料理する際にはビール一個分の材料だけをセットし、連続生産ボタンを押すこと。間違えないよう注意すべし。

ビール13

ボサッとしてないで働きなさい! そんな短小フニャチンじゃ他の奉仕は無理なんだから。死ぬまで私の為に働き続けなさい、命令よっ!

うちは超絶ブラックなんだから。

本気で頑張ったら、その時はごチョットくらい褒美を上げても良いかも……考えておくわね♡

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA