【AV】夫に寝取られて欲しいと懇願され、拒み切れずに背徳の涙を流す貞淑妻

旦那の性癖がなんとNTR……寝取られ願望。そんな旦那に懇願され、紹介された男性の話を聞いくるよう送り出された清楚で美しい妻。その相手というのが寝取りサークルを開いているという寝取り役(監督)。当初は直接会って話を聞くだけのつもりが、猛烈なくどきトークに抗いきれず涙ながらに体を許してしまう。

うちの妻・K穂(30)を寝取ってください 23

2013年5月に発売された、素人寝取られものの傑作。シリーズとしても人気の高い「うちの妻〇〇を寝取ってください」シリーズの23作目。メーカーはゴーゴーズ、主演の女優は不明(他に1作だけ出ているとの噂あり)監督は唐木竹史、収録時間150分。

ストーリー夫から寝取られ願望という特殊な性癖を告白された妻、何をバカな! と、拒み続けていたのだが、夫からの懇願に押し切られたのか寝取られサークルの代表と会う事を決意する。このまま流されていいのかどうか、断るべきなのか……揺れ動く心とは裏腹にプロの話術には抗えず押し切られるように背徳セックスへと流されていく。

カメラを向けられ戸惑う人妻、最後まで恥じらいを捨てず快楽に抗い続ける表情。しかし、体は正直に反応して快楽絶頂。恥ずかしさなのか、他人棒でイってしまった事への罪悪感なのか、最後には涙を流して謝罪の言葉を口にする。

ntrk穂2

チョット愁いを含んだ清楚なお顔、モロ好みだわ。

寝取られ願望を持つ夫から説得され、話だけでも聞いてみるという事で寝取り役の監督と待ち合わせをする妻K穂さん。駅で待ち合わせをして、自動車に乗り込むところから物語がはじまる。

緊張からか表情も口調も硬いまま、今にも泣き出しそうな顔。他人行儀な会話で旦那の寝取られ願望についてどう思うかなど、とりあえず今の心境などのついての会話が進んでいく。

「どのぐらい前に今回のお話って聞かれたんでしたっけ」

一ヶ月くらいまえですかね……

正直、理解はまだ難しいんですけど……これから主人と距離が生まれるんじゃないかと思いまして

かなりシリアスな雰囲気、わざと寝取られ願望を告げる事で嫌われて別れようとしているのかとも疑ったという。冒頭の約20分以上、赤裸々に語られていく寝取られ好きな夫を持つ妻の苦悩。

ntrk穂3

最初は「えっ? うそ?」という感じで戸惑うのだが……

そのまま旅館のようなところへ到着、いきなり個室で二人きり。顔が強張り緊張を見せる奥さん、他の人がいるところじゃ話せない内容だからと説明されひとまず話を聞く態勢に。

とりあえず旦那に目的地への到着と、無事に待ち合せた人と合流したことを報告。ここから唐木監督の猛烈な口説きトークがはじまる。

とにかくトークが凄い。この日は話を聞くだけと抵抗する妻、なんとか即ヤリに持ち込みたい監督。緊張感漂う交渉のやり取り、時おり泣きそうになる奥さん。最後には口説き落とすことに成功、営業マンなら是非学んでおくべきクロージング。

というか演技とは思えないリアリティ。セリフがめちゃめちゃ長いし、これを台本でやってたらたいした演技だ。

ntrk穂4

逃げ道を塞がれ、だんだんと追い込まれていく感じがリアル。

「話を聞いてみたいと思った人は、旦那さんの事を理解しようとしている人。その時点で旦那さんの事を愛してるんですよね。」

「中途半端な状態でその問題から逃げてしまうんだったら、今日決断したほうが良いんですよ、やるにしてもやらないにしても。」

小さなイエスを積み重ねられ、言い回しの妙でノーと言えない状況に追い込んでいく。そしてついに、寝取られる事を決断する。

ntrk穂6

恥じらいながらも、差し出されたチンポをぎこちなく舐め始める。

体が疼いたとか、興奮したとか、体から落ちていくのではなく、理詰めで拒めない状況に追い込まれて覚悟を決める。この過程があるから、ここから先の行為がエロい。

体を許してからも終始表情が硬い奥さん、最初は拒んでも無抵抗で快楽に流されるというような事はない。嫌だけど、拒みたい、恥ずかしい、ビシビシと伝わってくる羞恥ととまどい。それでも女としての興奮が伝わってくる。とにかくエロい。

奥さんセックスってそんなドライなもんじゃないから、もう少し気を許してくれないと僕もそれ以上できなくなっちゃうからね

愛撫を受け始めると顔を背けて「いやっ」という奥さん、感じているのは伝わって来るけども表情は硬い。不自然に気持ちよさそうにしない、俯き加減の目線、深いため息、声は殆ど漏らさないけども少しずつ息を荒げていく。

ntrk穂5

照明が設置されたセックスルームに戸惑う人妻も……

そのまま隣の部屋へ移動していよいよ挿入。大きな声はあげないものの、息があがり少しずつ声が漏れ始める。

正常位からバック、大きな喘ぎ声が漏れ始める。体はもう堕ちているのだが、心で必死に抗おうとする奥さん。少しずつ感じ始めるのか声が出始め、騎乗位では驚くような激しい腰の動き。

「いつものおチンチンと比べてどう?肉体的にってことだよ」

そんなの、言えません……

答えを拒んでいた人妻も、しつこく聞かれるうちに

気持ちいい……

小さく囁いた

ntrk穂7

イッパツ終わってお風呂タイム、ここでもエロい事をさせられる。

一度目のセックスを終えて風呂に入っていると、監督も一緒に入って来る。警戒の目を向ける奥さん、思わず体が固まる。終わった後のトーク、柔らかい雰囲気で心をほぐしながらフェラチオを要求。

「心は旦那の方にいってても、体は別物だからね。性感帯を刺激されれば気持ちよくなるんだから。」

途中途中に挟まれる会話がとにかくエロい、セックスだけでなくこういうシーンで見る者の興奮が高められていく。

人前で恥じらいながらのバイブオナニーまで……

そしてバイブ責めでイカされ、他人の前で自分でバイブを動かせと言われる。

経験したことのない羞恥、そこからもたらされる興奮と快感。この人、Mだね。

旦那が用意したという衣装を着せられて2戦目に突入。

監督が旦那から渡されていたという衣装に着替えせられ、2回目のセックス。

一度やって吹っ切れたのか、最初から感じまくる奥さん。それでもまだ恥じらいが残っていて、いやっ! を繰り返す。とにかくあえぎ方がエロい。

気持ちいいとイヤッて言うんだね。

バックで強烈に付きまくられる奥さん、大きな声をあげて感じている。背面騎乗、騎乗位では今までの恥じらいは何処へ行ったのかというほど、激しく性器をこすりつけるように腰を振る。

あ、あん、うあっ

とにかくセックスシーンにも品があるというか、感じ始めても背徳的な雰囲気が失われない。

最後は正常位、キスを求められると自ら男のクビに手をまわして引き寄せキスをする。最初の緊張して固くなっていた表情を見ているだけに、ここまで堕ちたかというギャップで興奮度マックス。そしてフィニッシュ。

カメラ目線で「ごめんなさい……」と呟いた、泣きそうな顔でラストを迎える。

総評

ntrk穂12

うちの妻・K穂(30)を寝取ってください 23

FANZA商品ページへ

 

とにかく女優が素晴らしい、素人っぽいというかAV女優っぽさを微塵も感じさせない。表情は常に硬く、ビッチ化などとは程遠いセックス。

隠語もなく、イクという言葉もほとんど出てこない。レビューでも「この作品の素晴らしさは、企画云々よりもK穂さんの魅力に尽きると言っていい」という女優に対するコメントが多い。

今まで見た寝取られ系AVの中で、この作品以上の興奮を味わったことはない。最高の作品、この女優が出ている他の作品があったら教えてもらいたい、絶対に買うから。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA