「汁なし味噌バターラーメン」カップラーメンの超絶簡単!アレンジレシピ

カップラーメンだってひと手間咥えるだけど、随分と違い料理になるもの。男子厨房に立たずとかいう九州男児は嫌われるので、まず料理になれるためにも簡単な事から始めよう。

カップ味噌バター

そもそも何故こんなメニューを紹介しようと思ったかというと、私は料理のド素人。ほとんど自炊なんてした事が無く、単身赴任していた時や独身の頃は、外食するか、あるいはスーパーの半額惣菜で済ませてしまうか、どっちにしてもろくな食生活じゃなかった。

そんな私が精力アップメニューを自分で料理するようになるにはどうすればいいのかと考えたところ、台所に立って何かしら作業することを習慣にするしかないという結論に達したわけ。そして習慣化するためには、継続できることをやらなきゃいけない。

かける手間は最小限、面倒じゃなくて、誰でも簡単に、しかも短時間でできることから始める必要がある。

けども、私を含めて普段から料理をしない人は、何を作って良いかすら分からない。

で、何から始めるのが良いのかと考えてみたら、独身男性御用達のカップラーメンやインスタントラーメン、或いはスーパーの惣菜なんかをアレンジしてみるのが簡単で良いんじゃないかと思ったんだよね。

汁なし味噌バターラーメン

という事で、作ってみたのはカップラーメン使った一味違ったインスタントラーメン。超絶簡単だった。

材料

材料は超絶シンプル。

  • 必要な材料は、カップラーメンとバター、そしてお好みでネギを用意。

誰でも簡単に作れるメニュー、それも本当のひと手間だけ。忙しい毎日、仕事から帰っての作業でも苦にならないような料理を作る。

ラーメンはカップラーメンでも、袋入りのインスタントラーメンでも、基本的な作り方は一緒。また、みそラーメンじゃなくても、塩ラーメンでやれば塩バター、醤油ラーメンなら醤油バターと、同じ作り方でバリエーションも豊富。豚骨バターは……いつかチャレンジして書いてみましょうかね。

調理開始

カップ味噌バター2

まずはカップラーメンの蓋を開け、内容物を取り出す。

今回のカップラーメンは粉末とペースト状のスープ、2種類が入っていた。また、具はカップラーメンの中にコーンと謎肉っぽい粒々が入っているので、コレをそのまま利用する。

カップ味噌バター3

スープは後から混ぜるので一切入れない。熱湯は普通の量を注ぎ、カップラーメンを作る。

カップ味噌バター4

パッケージに書かれた調理時間(今回は3分)待って一度ザルにあげ、湯を切る。

カップ味噌バター5

湯切りが終わった麺をカップに戻し、付属のスープを半分入れる。そしてバターを投入。

注意点としては、スープを全部入れると辛くなるので半分しか使わないという事と、バターを溶かすため麺が冷めないよう手早く調理すること。

カップ味噌バター6

そのままガシャガシャ混ぜる。バターが全て溶けきったら完成。

カップ味噌バター7

余ったスープの素をカップに入れ、熱湯を注ぎネギを散らせてスープにしてみた。

カップ味噌バター8

バターとスープの素とを混ぜ合わせた麺を皿に盛り付け、刻みネギをぱらぱらと振りかけたら完成。

カップ味噌バター9

ゾゾッ! おぉっ、これはナカナカ。かなりシッカリした汁なし味噌バターラーメンになっている。

組み合わせは絶対に外さない鉄板、チープで柔らかいカップラーメンの麺。このジャンクな感じがたまらなく男っぽい。

本のチョットしたひと手間で、そのまま食べるのとは全く違ったラーメンになった。

作り方まとめ

  • カプラーメンの容器からスープの素を取り出す
  • スープを入れず熱湯だけ注いで調理時間通り待つ
  • ザルなどで麺の水気を切る
  • 容器に麺を戻してスープの素を半分入れる
  • バターを入れて混ぜる
  • バターが溶けたら皿に移しネギなどを振りかけて完成

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA