【AVレビュー】「子供部屋おじさん(32)と母の性欲処理日記」SODクリエイト

子供部屋おじさんというのは「成人しても実家から離れずに子供部屋でくらすおじさんの事」らしい。一般的に、自立できない大人の事を差すのだそうだ。そういえば、我が家にもいるなぁ、子供部屋おじさん。まあ、精神障碍らしいけど。

『子供部屋おじさん(32)と母の性処理日記』レビュー

FANZA商品ページへ

シリアスタッチでリアルなドキュメンタリー作品を作らせたら、恐らくいちばん上手なんじゃなかろうかとおもわれるメーカー「SODクリエイト」の問題作。最近、中年ひきこもりなどが問題になっているけども、まさにソコへスポットをあてた作品。

ちなみに、我が家にもバイトもせず部屋で籠ってる26歳のバカ息子がいるんだけれど、それだけにリアルにこの設定を受け入れることができる。

この作品は部屋にこもる息子が母親に性欲処理をしてもらう様子を、息子が隠し撮りした動画を編集したもの……ということになっている。登場する母子は3組、それぞれのストーリーを収めたオムニバス作品だ。

1本目は淡々と息子の性欲処理をしながらも、しっかり本気セックスする母親。2人目は息子にアマアマ、超絶甘い母親が「いいことしましょうねぇ~」と息子のチンポを咥えこむ。そして最後は嫌々ながらも無表情ながらも息子を受け入れ、素っ気ない態度で息子のチンポをシゴキあげる。

ヌキどころははなんと言っても三話目の母親かな、チンポを汚そうに眉間にしわを寄せながら見て、必死で拭いて、ほんと嫌そうに扱うんだよね。挿入後も感じる様子はあるものの、決して子供に見せないよう喘ぎ声を上げる事もなく淡々とピストンを受け入れる。

声一つ上げず、表情も変えずに頑張る母だけどさ、結局コッチは精子を注入されてるんだよね。

この二枚のショット、並べてみると超エロイね。

ストーリー

【子供部屋おじさんとは】成人しても実家から離れず、実家の子供部屋で暮らすおじさんのこと。そんな子供部屋おじさんが母親に性欲処理をしてもらう日常を描いたショッキングな作品。

歯を磨き、食事をするのと同じように当たり前に事務的に息子の性欲を自らの体を使って性交する。母の愛に飢えた人は必見です。

登場する3人のお母さん

 

まず一人目はキレイ系のガッツリ熟女、母親があまりにも現実離れした綺麗さだとリアリティが出ないからね。綺麗でムチッとした巨乳の熟女は見事にハマリ役。

このお母さんは仕方なく処理している風で淡々としながらも、しっかり息子を受け入れて本気セックスしてる感じ。

こういう淡々とした感じがね、とってもいいのよ。てかエロい体してるなぁ。

作品のクレジットには無いが、女優はおそらく音羽文子ではないかとおもわれる。

続いて2本目に登場する息子を溺愛するお母さん。

この人はもう見間違えるはずもない、成宮いろはですね。あいかわらずエロい体をしてるなあ……

気の弱い内気な息子をシッカリホールドして心も体も優しくケアする、母性の塊のようなお母さんを演じている。

3話目が一番ハードな設定。引きこもり風の男の世話をする母親。近所に居る綺麗なオバサンといったルックスが拙者の好み。

フェラでもテコキでも射精しない息子、ついには自らの膣で息子チンポをシゴキあげる。自分も楽しむセックスではなく、徹底して息子の性欲処理に徹してる姿が最高にヌケル。

「むりやりしないでよっ!!」なんて怒りながら、眉をしかめて嫌悪を表し「やめてって言ってるでしょ!!」といいながら、射精に導く。なんだかんだで息子を受け入れ、素気ない態度の中にほんの少し母性をかんじさせる距離感がとてもいい。

女優は平岡里枝子、続編にも出るようなので要チェック。

ネットでの評価

FANZAでの星評価は5点満点で4.25点!!の高評価

ちゃんと、ストーリーがあり面白い。
女優の演技もうまく、見ごたえありました。続編を希望します。

固定カメラなので抜きどころは少ない。
残念な作品かと思うが三人目の女優さんはエロい体つきで固定カメラでも十分抜ける。無機質でオナホールとして、自らを犠牲にしている姿は母性本能ともいうべきか。見終わった後、何とも言えない気持ちになる不思議な作品でした。AVとしては★★ですが、三人目の女優さんの体と演技力に敬意を表して★★★とします。三人目の女優さんで一本見てみたいです。どういう経過を辿って、ここまでの関係になったのか…みたいな作品で。

主観はなく隠し撮り風なアングルですが見辛さのストレスは感じずに寧ろ、隠し撮り風の凝ったアングルが秀逸でした。好みの別れる作風ですが個人的には待ってましたのジャンルです。
義母設定でなく、あくまで実母という設定がミソ。

社会問題の引きこもり中年を題材に重くなりすぎる事なく、リアリティを持たせた、ありそうでなかった切り口が斬新だった。

確かにセリフや喘ぎ声も少ないし、淫語もなければ潮もふかない。けど、リアルなセックスってそんなもんでしょ。全体として地味な作風で、カメラワークだも隠し撮りなのだから自由度も低く……けどね、だからこそのリアリティというか臨場感があるのも事実。

好き嫌い好みが分かれるだろうが、個人撮影やリアルな熟女のセックスを好む紳士にはうけると思う。拙者は紳士ではなく貧者だが、それでも抜けた。

ああ、ウチの嫁もつっけんどんなのはいいけど、こういう嫌々でもいいから性欲処理してくれないだろうか……いや、ひょっとして妻と息子が!?


子供部屋おじさん(32)と母の性処理日記

FANZA商品ページへ

続編てかスピンオフドラマ!?

僕は子供部屋おじさんです。母で性欲処理をすませています。桃色かぞくVOL.14 平岡里枝子
FANZA商品ページへ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA