• HOME
  • ブログ
  • ゲーム
  • 【シャチバト】社長バトルの時間です!というスマホのゲームアプリをやってみた感想

【シャチバト】社長バトルの時間です!というスマホのゲームアプリをやってみた感想

KADKAWAと聞けば時を駆ける少女のテーマソングが脳内でリフレインしてしまうんだけれど、これでオジサンの歳がバレたからと言ってどうという事はない恥ずかしい性癖を持つ変態中年の私。

てかさ、KADOKAWAってあの角川だよね?間違ってないよね?

角川のスマホゲーム

シャチバト1

とにかく社名に惹かれてインストしてしまったゲームアプリ、もうね、ガチャゲーってかスマホのソシャゲは全く楽しいゲームが無いのでほとんどやってなかったんだけれど、何か気になったので軽くつまんでみた。

<ゲームタイトル>社長、バトルの時間です!(シャチバト)

ゲームの内容はキャラ育成しながらダンジョンを攻略するRPG、ありきたりなガチャゲーか……と思いきや、チョット面白い特徴のあるゲームで、いわゆるプレイヤーはダンジョン攻略を生業とする会社の社長になって、従業員である冒険者を雇用して育成したり攻略に送り出す。

間違ってないよね、まだ始めたばっかであまり詳しく把握してないのだけれども。今やってる事は、ズバリそういう事。

ね、なんだか面白そうでしょ。

流れとしては、リクルートという育成モードで冒険者学園の生徒を育て、戦力になると判断したらそのまま雇用して社員にして、社員でパーティーを編成してダンジョンを攻略する。このリクルートモードがアレだよ、パワプロ風。しかも20ターンで育成が終わるので、意外にサクッと育てられる。

パワプロの育成モード+ファンタジーRPGといった趣のこのゲーム、聞いただけでも何気に面白そうでしょ?

プレイしてみた

シャチバト2

インストールは3分かからなかったね、長編とか大作といわれるRPGだと普通に10分以上かかったりするのに……

で、インスト完了してゲームスタートすると、ほぼ直後にこの無限やり直し可能な10連ガチャが引ける。やっぱ初回ガチャはやり直し可能じゃないとね、リセマラとかやってらんないし。

シャチバト3

さくっと20回ほど引いたかな、SSRが二つ出たところでキャラ確定。

このガチャキャラは直接パーティーに参加するんじゃないんだけれど、育成やら戦闘に何かと関わって来る重要なキャラらしい……まだよくわかってない。

リクルートでの育成時の能力アップなどには、かなり重要な役割を果たすみたいだけどね。

シャチバト4

とりあえずチュートリアルをササっと進めて、まずはパーティーの要となる社員をリクルート。

冒険者の学校にはまだ共通科しかないけれど、恐らく、今後増えていくのではないかと思われる。

シャチバト6

基本的には訓練画面で能力を鍛えていくのだけれど、例えば物理アタッカーである戦士であれば筋力メインとかね。

全部で20ターン訓練期間があって、その合間には時どきイベントが発生し、何かの能力がアップしたりする。こういうところがパワプロっぽいね。

シャチバト5

育成期間が終わると能力値を割り振ったり、訓練中に獲得したポイントでスキルを獲得したりして、最終的に職業(役割)を決める。

全体の能力を見て、パーティーに必要だと思えば雇用すればいいのだ。

シャチバト7

社員をリクルートで育て、雇用したらパーティーを組んでダンジョンへ。

初期状態で3人の社員がいて、パーティーはメイン4名とサブ4名の8名で組むことになる。足りなければ助っ人を借りる事も可能。

シャチバト8

戦闘はコマンド式、基本的には社員(パーティ―メンバー)が決めた行動を承認することになるが、全てを完全に任せるオート戦闘も可。逆に全てに指示をだす秘書を使ったバトルも出来る。

まあ、面倒なので序盤は全て倍速オートで大丈夫だと思うのだけど……てか、そうやってる。

とまあ、こんな感じのゲーム。なんか雰囲気伝わったかなぁ。

やってみるとね、けっこうおもしろいのよ。さらに今後は出来ることも増えていくだろうから、楽しみだねぇ。

リリース直後ならではの問題点

これね、レビューなんかにも書かれているけれど、とにかくアンドロイド版は落ちまくる。なんどもなんども、リクルート中だろうがダンジョン探索中だろうが、とにかくアプリが落ちる。

めちゃくちゃ面倒で、とても遊んでられないくらいの頻度。

なので、インストしてログインボーナスだけを貰い続けて、安定したら本格的に遊ぼうかと思ってる。不具合がでたらお詫びアイテムも期待できるし、これがリリース直後の不安定期に始めるメリットだからね。

という事でカドカワの新作ゲーム、これはひょっとしたら連載になるかも……しれない。

シャチバト公式サイトへ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA