40代後半から50代前半くらいの人がビートルズとか言ってるのが理解不能

いやマジでさ、ビートルズのどこがいいの? まあ、人の好きなものを否定するつもりはないけれど、私と同年代の人がビートルズだのストーンズだの言ってるのが、ただのミーハーに見えるって話。

いやね、マジで1980年代初頭に小学生から中学生くらいだった人たちが、ビートルズすげぇっっ! て言う理由が分からない。

実際に聞いても全てが物足りなくて……ぶっちゃけ、チャチだなぁとしか感じない。ビートルズから発展して更にカッコいいことやってるミュージシャンが沢山いたのに。

確かにね、リアルタイムでビートルズを聞いていた人たちはスゴイ衝撃だったんだと思うよ、昭和の歌謡曲からいきなり洋楽なんだから。

かく言う筆者もビートルズに衝撃を受けた人たちと同じような経験をしていて、それはマイケルシェンカーとの出会いんだけれども。

小学生の時に出会って、なんじゃこりゃ~! カッケー!! ってさ、すんごい衝撃を受けたんだよね。

だからリアルタイムでビートルズを聞いていた人たちが未だにビートルズが凄いというのは理解できる。

だってさ、音楽といえばベストテンだのトップテンだの言っててさ、1位の曲がルビーの指輪だの3年目の浮気だの北酒場なんて言ってるときにコレだぜ?

マイケルシェンカー/ドクター・ドクター

もうこっからさ、MSGだのオジーだのDIOだのRAIOTだのってさ、とにかくロックにのめりこんで行ったのよ。そうやってロック一筋、国内のバンドと言えばアンセムやらラウドネスやらWOLFやら、今でもずっとロックを聴いていくらい。自分の人生の、全ての音楽観を根本から変えられたくらい、本当に凄いインパクトだったんだよね。

だから「バ~ラが咲いた」の時代に、ビートルズが来たら、まあ、同じようにカッケー!! すげーーーっ! てなる気持ちは理解できるのよ。

だけどね、洋楽が当たり前の時代に聞いて、果たして本当に凄いと思えるかどうか。

例えば、いまの息子世代にマイケルシェンカーを聞かせて、同じようなインパクトを与えることが出来るかって話なのよ。

確かに「イイ曲だね」くらいのウケはするかもしれないけど……けどさ、無条件に何が何でもスゲエ、至高にして至極、もはや神! くらいに崇められるかと言えば、別にそこまでじゃないと思うんだよね。

やっぱ世代ごとに本気でハマる音楽って違うと思うんだわ。

だから、いわゆる第二次ベビーブーム世代というか、私と同年代、今現在の時点で50前後の人たちがね、ビートルズだのストーンズだの言ってるのを見ると、皆が凄いっていうから自分もそういう事にしとかないと……みたいな、なんか嘘くささを感じるんだよね。

特にテレビやラジオで芸能人が言ったりするとね……本気か? 本音で喋れやっ! って言いたくなる。

なんか嫌だなぁ。

ただソレだけの話。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA