自宅で母親を犯す手引書「生意気な母親を本人にも気づかれずに眠姦する方法」

実母に欲情したことは無いんだけれども、なんだかんだで母子間クラスタに片足突っ込んでる筆者。というか、エロ漫画やエロビデよ業界で母親といえば、ポッチャリ巨乳の豊満熟女と相場が決まってるじゃないですか。

ようするに、中年ポチャ女が好きなんだという事なのだ。ウチの母親は鶏ガラだったからなぁ、痩せたオバチャンって貧相に見えるから……

バレずに母親を犯す、睡眠中にヤってしまうという眠姦を性来させるための本。家庭内夜這いの手引書が、同人誌として発売された。そのタイトルはズバリ

生意気な母親を本人にも気づかれずに眠姦する方法

作者はSAYA PRODUCTS、2019年9月24日にFANZAから配信開始となった同人コミック。ストーリー32ページ、セリフ無し32ページ付。

内容は夜這いの手引書という名の通り、家族の誰にも、本人にすら気付かれずに母親へ夜這いをかけて性欲を満たす睡眠姦を実行するというストーリー。

引き籠りニートの青年が自らの性欲を抑えきれずに捌け口を求めるも、内向的で外出すら出来ない性格。身近にいる女と言えば母親だけ……ならば、ヤるしかない。

暗闇の中でさらけ出される母親の白い肌、無抵抗になった成熟した女の豊満な肢体。

家庭内に仕掛けたカメラで盗撮した母を覗くことが趣味だった。

母親に特別な感情はなく、ただ、身近に母親以外の女が居なかっただけ。そんなヒキニートを息子に持つ母親、不甲斐ない息子への苛立ちからかキツイ態度をとってしまうこともある。

口うるさく生意気な母親、そんな態度を赦すわけにはいかない。息子の理不尽な逆恨み。

「リアルに犯す」

自活する力がない以上、親にバレるわけにはいかない。誰にも気づかれず生意気な母への復讐、そして欲望の捌け口として犯す。

この本はどこにでもある一般家庭の、自宅内における近親夜這いの手引書である。

「生意気な母親を本人にも気づかれずに眠姦する方法」

引き籠りニートの青年が自宅で母親を人知れず犯すための手引書。

主人公は内向的な性格のため、ここ何年も外出したことすらない。

唯一の息抜きは、自宅のいたるところに仕掛けた盗撮カメラで母親を覗くこと。

「私生活」「お風呂場」「寝室での夫婦生活」

母親に特別な感情を抱いているわけではない。身近な女で顔が悪くないから、性の対象にしている。
裸を覗こうが。盗撮しようが。お金がかかるわけでもなく、面倒もないからだ。

…ただし、母親はたまに腹に据えかねる生意気な態度をとることがある。
挙句の果ては、蔭口までたたいてくる。カメラで監視されているとも知らずに。

そういう態度は人として許すわけにはいかない。
お灸をすえる意味でも…

「リアルに犯す」

だが、見つかったりバレたりすると怒られてしまうので。
そこはバレないように綿密な仕掛けがなされている。
生活環境から夫婦関係まで。すべてを計算したうえでのミッションインポッシブル。

両親に睡眠薬を服用させて、夫婦の寝室で母親の方を凌辱する。
何もなかったかのように…

この本はどこにでもある一般家庭の、自宅内における近親夜這いの手引書である。

FANZA詳細ページへ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA