クールジャパン!日本らしいロックといえばコレ「人間椅子 / 無情のスキャット」

テレビに出るような歌謡曲(カラオケ曲)ミュージシャンはアレだけれども、てか、まぁあれも日本らしいスタイルなんだろうけどさ、ロックを聴いていると、けっこうお国柄ってのが出てたりするんだよね。

無情スキャット2

この人たちの世界観、独特なんだけれどもとても好きなんですよ。なんていうかね、ほんと、ロックが好きでやってるんだろうなぁというのがビシビシ伝わってくる。

音楽性としてはグルーブ感がとても心地よいブルージーなロックなんだけれども、変則的な面もあったりしてとても聴いていて楽しい曲だ。

無情スキャット1

メンバー構成はツーバスドラムにヴォーカル・ギター、ベースというトリオ編成。なのでギラギラの生々しいロックをきかせてくれる。

音の使い方が独特というか、和音階を思わせるいかにもな日本的哀愁のメロディ。なのでオール日本語の歌詞がとてもマッチしている。全体として「和」を感じる曲なのだ。

日本人による日本的なロック、ロックもどきみたいなテレビ歌謡もいいけれど、こういう骨太な曲がもっと日の目を見て欲しいよね。

これぞロック界のクールジャパン!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA