【レビュー】「いやらしい母ちゃん-羽生ありさ」家族を守るため他人チンポを受け入れる寝取られ母がエロ過ぎる

家賃が払えず、生活費が足りず、子供のために、家族のために……望まぬセックスを強いられる母親。覚悟を決めた女の強さ、そして心とは裏腹に快楽に溺れて行く女の体。やっぱ寝取られエロ動画は背徳的じゃないと興奮しないよね。

いやらし母7

夫のため、子供の為、住宅ローンの為、とにかく何かを守るために望まぬ相手とセックスせざるを得なくなる、そんなシチュエーションで覚悟を決めた妻そして母親がエロい。

心は抗いながらも女の悲しさか……自ら認めて相手を受け入れたセックスは、たとえ愛が無くとも体は快楽に、性交の喜びに溺れて行く。

いやらし母9

ながえの背徳エロドラマ

エロい体に眼鏡、そして家族を守るために自ら覚悟を決めて体を差し出す背徳セックス。寝取られ作品は数あれど、中でもこのシチュエーションはもろ筆者好み。

レビューするのは量産型AVの中でも淫靡で背徳的なエロドラマ専門メーカー、ながえスタイルの作品。

タイトルは「思春期息子の体験談 いやらしい母ちゃん。 羽生ありさ

いやらしい母ちゃん……もうね、このワードでビンビン勃起するよね。さらにこの女優さん、羽生ありささんの巨乳がエロいのよ。そしてこの地味眼鏡が強烈!

まあ、思春期の子供を持つ母親としては少し若いか……とは思うけどね。

いやらし母5

ある日、夫の職場から緊急の電話がかかって来る。

旦那が作業中の事故で怪我をした

派遣労働者である夫の怪我、会社側は労災を使ってくれなかったため、仕事に出られない機関の収入が途絶える事になった。家賃の支払いを大家から催促されるもお金が無く、待ってもらうよう交渉する母親なのだが。

いやらし母7

大家は日頃から大音量でAVを見るような変態じじい、家の中に毎日のようにエロビデオから流れる女の喘ぎ声が聞こえてくる。

文句を言う息子、とにかく息子はこの大家が大嫌いなのだが……そんな男に母親が寝取られる、屈辱のドラマだ。

いやらし母1

「なんだあの息子の態度は、こっちは家賃を待ってやってるのに。」

とにかくこれ以上家賃は待てない、そんな大家の態度に「何とか」と懇願する母親。

いやらし母3

目の前には爆乳エロ眼鏡の人妻、そんな女性の弱みを握った男が考える事は一つ。

もちろんセックスですよ、体を要求するのです。下衆いけどね、男なんてみんなゲスなんだから。

いやらし母4

この作品の見どころは、まず何と言っても女優である羽生さんのエロボディ。

デカい乳、ポチャムチの肢体、エロ眼鏡、そして少し地味っぽいエロ眼鏡。こんな女性が男のチンポを上の口でジュポジュポとシゴキあげ、さらに下の口に突っ込まれると体をくねらせ快楽に堕ちていく。

いやらし母8

さらに自分を嫌う息子に見せつけるように自宅に押し掛け食事を共にし、母親とのセックスを見せてしまうという屈辱のシーン。

総評

全体的にややダークというか、生々しく淫靡で背徳的な作風。ながえ作品のなかでも、ドラマ性の強い部類に入る。

羽生さんの演技派まあアレだけれど、セックスシーンは大迫力。なんたってこの体ですから、私もこんなオッパイに顔をうずめてパフパフしてみたい!

FANZAでサンプル動画を見る

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA