日本のネオクラシカルロックバンドの雄「コンチェルトムーン」に新ヴォーカル

コンチェルトムーンと出会ったの20年くらい前だろうか、ちょうどメジャーアルバムが発売されるという発表があった時じゃないかと思う。初めてその曲を聞いたとき、出来過ぎなほど攻撃的な様式美サウンドに思わず「やりやがったw」みたいな笑いが出たのを覚えている。

changem

冒頭で笑ったと書いたけども、それは悪い意味ではなくて、1980年代に登場したイングヴェイマルムスティーンというギタープレイヤーから始まったネオクラシカルハードロックと呼ばれるジャンルの中で、ただのフォロワーではなく日本向けに見事にチューンナップされたオリジナリティと高い完成度を持つ「ネオクラシカルな日本のロック」に出会あえた嬉しさからだったような気がする。

あまりにも出来過ぎなギターリフとソロに一人でにやけながらガッツポーズをしてしまったほど、その時の衝撃は今でもハッキリと覚えている。

島ってギタリストがすげぇ! 職場で言ったら「誰それ?」って返されたけれどもw

ただこのコンチェルトムーンというバンド、日本のバンド特有の悩みというか、共通の悩みというか、とにかく曲と演奏はいいけどヴォーカルが……と言った感じで、ヴォーカリストに悩まされ続けている。

ほんと日本にはいいボーカリストが少ないんだよね、特にロックは洋楽とガッツリ比較されるジャンルだから厳しく見られてしまう。

で、今回紹介するMVは、4人目となる新ヴォーカル芳賀 亘を加えての新体制で放たれる新しいサウンド。新曲ではなく、初期の名曲をリメイクしたものだ。

この曲はめちゃめちゃカッコいいね、いま聞いても。

実際に聞いてみた感想は、随分と品の良いヴォーカルを連れてきたなあぁという感じ。甘く柔らかく、そしてイケメンW

高音域で伸びやかに歌うタイプのヴォーカルなのだが、なんとなくふわっとしていて、柔らかく線が細いという印象。どうだろうね、筆者は演奏に負けない強いヴォーカルが好きなので微妙なな感じがしたのだけれど、カラオケで歌える歌謡曲ロックが全盛の日本的で……と考えればこれが正解なのかもしれない。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA