【AV】娘を持つ素人母さんがAV出演!普通の奥様がプロに突かれて悶絶絶頂

結婚18年、高二の娘と旦那との3人暮らし。何処にでも居そうな普通に主婦をこなしている母親が、内に秘めた欲望、雌としての本能を抑えきれずプロの男優を相手に乱れる姿が強烈にエロい。女らしさをとりもどしたい、そんな母が決断したAV出演。夢のような興奮の一日を収めたドキュメンタリー。

「お母さん、今日からAV女優になります」恵美さん 42歳 17歳の娘を持つ母

2012年1月に発売された、お母さんがAVに出演する様子を収めたSODクリエイトのドキュメンタリー作品。主演は恵美さん42歳、高校生という多感な年ごろの娘を持つ母親。監督はデザイア白鳥、収録時間128分。

ストーリー一人の女として輝きたい。結婚18年、旦那と高校二年の娘との三人家族。一見すると幸せそうな家庭に見えるのだが、平凡な毎日では満たされない思いを発散すべくAV出演志願。
妻として、そして多感な年ごろの娘を持つ母親として、当たり前の毎日から抜け出し女の輝きを取り戻すためのドキュメント。若い女性とは比べ物にならない感度の高まった女性が魅せる本気のセックス。
結婚生活でため込んでいた性欲を解き放ち、プロ男優の激しい突き上げに悶絶絶頂する姿は……艶やかで美しかった。

程よく色づきプックリ膨れた乳首がエロい、子を産み育てた母の勲章。

17歳の娘を持つ母、恵美さん。

割り切って出来るものかどうか分からないんですけど……

出演に至る経緯や心境など、冒頭は背景のナレーションから始まり一般的なAVとは根本から異なるドキュメンタリータッチの作風。撮影当日も普段通りにスーパーへ買い出しに行き、家族の晩御飯を用意する料理シーンなど生々しい生活シーンの映像を流しながらインタビュー。

幸せそうな家庭の平凡な主婦、そのインタビューで語られる生々しい浮気の告白。家族団らんの場、自宅ダイニングで語られる主婦であり母親である彼女が持つ裏の顔。

インタビューを終えていよいよ撮影へ、乗り込んだ自動車の中で最初の行為が始まる……お母さんエロい。

母AV3

スレンダーエロ熟女、カーセックスが似合い過ぎる。

車内でクンニから始まりフェラチオ、そしてカーセックスへ。最初から心構えが出来ていたのか、積極的に男優と絡む恵美さん。覚悟を決めた女の逞しさを感じる。

途中で車を止めて野外での露出バイブ責め、あっさりと絶頂したあとに羞恥から泣き出す姿が少女的でとても可愛らしい。熟女とは言え、女性にはドキッとする可愛さがあるよね。

母AV4

着衣からチラリと見えている胸がエロかったりする。

野外プレイの後は、夜の街頭で素人男性を漁ってナンパ待ち。いきなりの申し出に戸惑いながらも街頭に立つ恵美さん、ナンパされた男性を連れ込もうとするも撮影の許可が下りずなかなか相手が見つからない。

待つこと30分、何とかサラリーマン風の男性をゲット。お互いに緊張しながらも、相手への気遣いを忘れないところは流石に母親といったところ。穏やかにコミュニケーションをとりながら、男性の精液を強烈なフェラチオで搾り取る姿は圧巻。

母AV5

複数プレイなんて……初めてなのかな?

二人というだけでなんか……どんなふうに私をいじめてくれるのかなって

最後は男優二人を相手にして、人生初の3Pに挑む。

母AV6

母が男優チンポに目の色変えて、一匹の牝に戻る瞬間。

旦那とは比べ物にならない、逞しいペニスを夢中になってしゃぶる恵美さん。

母AV7

仰け反った胸の頂に、ぽっちり乳首。

敏感さは熟練の主婦、不自然にアンアンイクイクすることなく自然な喘ぎ声が色っぽい。素人っぽさが前面にでたセックスシーン、体をのけぞらせながらの絶頂。

母AV8

カーセックスして、最後は3Pでイキまくる母親。

今までにやった事ないことやりますからね……

こらえきれず声が漏れる、プロの激しい責めに声を途切れ途切れにしながら喘ぎ続ける恵美さん。ワザとらしく隠語を連発したり、イクイク言いまくったりしないのがリアルで興奮できる。

あの隠語連発とアニ声風の鼻にかかったような甲高い喘ぎ、ぶっちゃけ不自然すぎて萎えるんだよね。その点、この作品は女優も普通っぽいし、とても良かった。

総評

母AV9

「お母さん、今日からAV女優になります」恵美さん 42歳 17歳の娘を持つ母

FANZA商品ページへ

 

FANZA(旧DMM R.18)でも星5と高い評価を得ている作品。某局のTV番組ほどではないが、最後まで素人出演ドキュメンタリーとして作り切ったところがいい。
いわゆる量産型AVとは一線を画する作品で、レビュー欄には「SODらしくない、良い意味で素人っぽさがよかった」といったコメントが付いている。

面白いシリーズだが、シリーズ自体が短命に終わったのが残念。復活を強く希望したいところだ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA